•  > 
  •  > 
  • メタボリックシンドロームとは?毎日お茶生活による脂肪分解が鍵

メタボリックシンドロームとは?毎日お茶生活による脂肪分解が鍵

カテゴリ:肥満

記事の種類:ハーブ

メタボリックシンドロームとは?

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)自体は病気ではありませんが、生活習慣病を引き起こす要因を複数有した、負のシナジーが引き起こされる危険性が高い、生活習慣病の予備軍の状態にある事を示唆する指標となります。
メタボリックシンドロームの具体的な判断基準は以下となり、腹囲(内蔵脂肪の蓄積度)+他(脂質、血圧、血糖値の内)2項目以上に該当した場合に、メタボリックシンドロームと判定されます。
※腹囲は必須条件です。腹囲が条件に合致しない場合は、他の要素が条件に合致してもメタボリックシンドロームとは判定されません。

腹囲 男性:85cm以上
女性:90cm以上
脂質 中性脂肪
150mg/dL以上

HDLコレステロール
40mg/dL未満

※いずれかまたは両方

血圧 最高血圧
130mmHg以上

最低血圧
85mmHg以上

※いずれかまたは両方

血糖値 空腹時血糖値
110mg/dL以上
例えば、腹囲が85cm以上あり、且つHDLコレステロールが40mg/dL未満、血糖値が110mg/dL以上ならメタボリックシンドロームに該当します。

原因

各項目が異常値となる場合の主な原因は以下となります。
主な原因
腹囲高値暴飲暴食・運動不足
脂質高値脂質(不飽和脂肪酸・多価不飽和脂肪酸・トランス脂肪酸)、炭水化物、アルコールの摂りすぎ・食物繊維不足・運動不足
血圧高値塩分の摂りすぎ
血糖値高値糖質の摂りすぎ・睡眠不足・ストレス

初期症状

メタボリックシンドロームは病気ではないため初期症状は特にありません。
表面的には肥満体形への変化として現れます。
※肥満体形ではない(腹囲が正常範囲)の場合はメタボリックシンドロームではありません。

それぞれの項目値が高い状態が恒常的に続いた場合、以下に挙げるような疾患を引き起こす可能性があります。

主な疾患
脂質高値動脈硬化血栓・心筋梗塞・脳梗塞
血圧高値心不全(収縮機能不全・拡張機能不全)・くも膜下出血
血糖値高値糖尿病・腎不全・失明・手足の壊疽

検査方法

健康診断などで腹囲測定血圧測定血液検査(脂質、血糖値)を実施して、結果の値を基に判定します。
これらの検査項目は健康診断で測定される基本検査項目であるため、定期的に健康診断を受診していれば知ることができます。

治療方法

通常は医師の指導による食事療法、運動療法を実施します。
具体的には肉類や脂質を控え、魚類や野菜(食物繊維)を多く摂るように心がけます。
また、肥満は睡眠不足やストレスが原因にもなるため、規則正しい生活やストレスをためない生活(長時間労働などの仕事の仕方の改善)が必要です。

予防効果のあるハーブ

肥満や脂質異常症の予防には、上述した食事療法や運動療法の他に、脂肪を分解する作用のある緑茶(カテキン)の摂取も効果があります。
特に特定保健用食品(トクホ)に認定されている一定の基準を満たす緑茶は、公的にその効果が認められています。
詳細については動脈硬化の原因と予防効果のあるハーブをご参照ください。

公開日時: 2014年03月15日  19:04:02

肥満に戻る

「肥満」に関する他の解説

「肥満」に関する他の解説はありません。

このページのトップに戻る