睡眠不足の影響と予防効果のあるサプリ

カテゴリ:睡眠

記事の種類:サプリ

睡眠不足の影響とは?

睡眠不足は突然の睡魔や思考能力の低下、イライラ感だけではなく、慢性的になれば肥満や高血糖、2型糖尿病、うつなどの疾患も招く可能性があります。
また、免疫力の低下により癌や感染症の誘因にもなります。
何よりも朝起きてスッキリしない、だるいというのは、しんどい1日になり、事故や大きなミスを招く可能性もあります。

一方で睡眠時間が長ければ良いというわけでもありません。
データでは1日7時間睡眠の人の方が、1日8時間以上睡眠をとっている人よりも長生きであるというデータもあります。
そのためバランスの良い睡眠時間と眠りの深さ(熟睡度)が大切になります。

日本人の睡眠時間

成人の日本人の平均睡眠時間は6.6時間です。
平均が示すように、睡眠充足の目安となる睡眠時間は6~7時間とされており、その範囲内に収めることを目標にしましょう。

ちなみに年齢別でみると、10歳までは8~9時間、15歳で8時間、25歳で7時間、45歳で6.5時間、65歳で6時間となっており、年齢が上がるにつれて睡眠時間は減少していきます。

予防方法

あえて遅寝

なかなか寝付けない場合は、無理に寝ようとせず、遅寝早起きを心がけます。
というのも眠くないにもかかわらず床にはいると、かえって睡眠が浅くなり、夜中に目が覚めたりする傾向があります。
そういった場合は、あえてベッドに入る時間を遅らせ、睡眠時間を減らす方が熟睡感が増します。

アルコールは注意

薬代わりにアルコールを摂取する方もいますが、アルコールは寝つきはよくなるものの、睡眠が浅くなり睡眠の質が悪くなる可能性があるため、かえって不眠になる可能性があります。
たまにであれば問題ありませんが、連続してアルコールに頼るのは不眠症だけではなく、アルコールの過剰摂取にもなりかねないため、避ける方がよいでしょう。

ハーブやサプリの利用

不眠症の場合は、医師による原因の究明や抜本的な治療が必要ですが、疲労や夜更かしなどでなかなか寝付けないなど、一時的な対策の場合には、ハーブやサプリが助けになる場合があります。
例えば歯磨き粉などで有名なライオンが開発した「グッスミン酵素」は酵素の力で快適な休息を得られるように作られたタブレットです。

グッスミン酵素とは

グッスミン酵素は日本酒を醸造する際にできるお酒の酵素(清酒酵母)の1つです。
お酒の酵素として酒粕が体に良いのは良く知られているように、酵母には健康物質が多数含まれています。
その酵素の1つがライオンが発見した「グッスミン酵素」なのです。

ストレスによる交感神経の緊張が不眠を招く

不眠症の原因の1つがストレスです。
ストレスは脳(交感神経)に緊張状態をもたらし、睡眠を阻害するのです。
しかし、現代のストレス社会でストレスを避ける事はできません。
そのためお酒の酵素により緊張状態を和らげ、脳をリラックスさせ、安眠を導けるように開発されました。
もちろん毎日お酒や甘酒を飲む事でも同じ効果は得られるかもしれませんが、同じ量の酵素を摂るためにはある程度の量を飲まなければなりませんし、高血糖など、他のリスクも考えなければなりません。
タブレットというのは理想的な形態なのです。

摂取方法

1日4粒が目安です。
特に寝る前に飲むと効果的です。

公開日時: 2015年05月27日  07:47:15

睡眠に戻る

「睡眠」に関する他の解説

このページのトップに戻る