•  > 
  •  > 
  • 癌治療の救世主、免疫チェックポイント阻害薬「ニボルマブ」とは?

癌治療の救世主、免疫チェックポイント阻害薬「ニボルマブ」とは?

カテゴリ:

記事の種類:薬

PD-1を阻害する免疫療法とは?

PD-1(Programmed death-1)を阻害する免疫療法は「免疫チェックポイント阻害薬」を用いて免疫の働きにブレーキをかけるPD-1を阻害することで、免疫の働きを維持させる療法です。

本記事では、この「免疫チェックポイント阻害薬」である、癌治療の新薬「ニボルマブ」について解説します。
正にこれからの、未来の癌の治療方法として期待される薬です。

PD-1(Programmed death-1)とは

PD-1は細胞傷害性T細胞(CTL)が活性化した際に、その表面に発現する免疫チェックポイント受容体の一種となり、CTLの活動を抑制(免疫寛容)する作用があります。
本来であれば、PD-1は自己免疫反応を回避するという重要な役割があり、PD-1受容体に結合する物質は自己免疫と見なして攻撃しないようにプログラムされています。
PD-1受容体に特異的に結合する対になる受容体にはプログラム細胞死リガンド-1(PD-L1)プログラム細胞死リガンド-2(PD-L2)の2種類があります。
つまりこれらの受容体を持っていればT細胞に攻撃されないことになります。
しかし癌細胞は姑息にもこのPD-L1とPD-L2受容体を有しており、T細胞に自身を自己免疫であると認識させてT細胞を無力化させます。

なお、活性化したT細胞はサイトカイン(特定の細胞間の情報伝達を担う情報伝達物質)の一種であるIFN-γ(インターフェロンγ)を産生します。
IFN-γは抗原の受容体に結合して体に侵入したウイルスや癌細胞などの活動を抑制する働きをするため抗ウイルス薬や抗がん剤として使用されています。
しかし上述したように癌細胞がPD-L1、PD-L2受容体を持っているためにIFN-γが働きにくくなり、癌の増殖を抑えられないのです。

従来の治療法との違い

従来の治療方法と新薬であるニボルマブによる治療の根本的な違いは免疫にどう働くかが異なります。

従来の治療

免疫にはアクセルとブレーキ(PD-1)があり、従来の治療はアクセルに着目し、アクセルを踏む(免疫の数を増やしたり強くする)事で癌を倒す事を目的に治療を行っていました。
しかし癌細胞は上述したPD-L1という、免疫にブレーキをかける特殊な腕を持っていて、免疫が働けないようにする事ができるため、効果があまり出ない場合がありました。
つまり癌細胞を倒す兵士(免疫)から見れば敵が味方に偽装しているために十分に戦えなくなってしまうのです。
従来の治療法はそういう戦えない兵士をひたすら増やすだけでした。

ニボルマブによる治療

「免疫チェックポイント阻害薬」は上述した免疫のブレーキ(PD-1)の働きを阻害します。
PD-1が阻害されるために癌細胞は偽装ができず、免疫の働きが衰えないために免疫は本来の戦闘力を発揮でき、癌細胞を減少させる事ができるのです。
つまり「免疫チェックポイント阻害薬」は免疫の増強(アクセル)ではなく、ブレーキがかからない事に着目した治療法です。
癌と戦う兵士の戦闘力低下を防ぎ、本来の戦闘力を保つ事で癌細胞を撃退します。
また兵士を増やすという、従来の治療法と組み合わせる事で更に効果(本来の戦闘力を持つ兵士を増強する)を発揮します。

副反応

この治療は免疫のブレーキを阻害するだけであり、長く継続して治療が行えます。
一方で、癌と同時に自己免疫へのブレーキも阻害されるため、甲状腺や下垂体、副腎などの内分泌機能異常や腸炎、肝炎などの副反応が認められています。
特に抗PD-1抗体における肺障害が重大であり、ニボルマブ開発時の臨床試験中には死亡例もあります。
免疫チェックポイントを阻害するということは、様々な臓器の免疫メカニズムに対する影響も考えられ、そのメカニズムの解明や対策が研究されています。

ニボルマブとは

ニボルマブ(オプジーボ)は小林薬品と米ブリストル・マイヤーズスクイブ(BMS)が共同開発で15年間研究を続け開発した、免疫のブレーキを阻害し免疫力を高めるという、画期的な手法による癌治療薬であり、世界的に高く評価されています。

初めに承認されたのは日本

このニボルマブによる治療が世界で初めに承認されたのは何と日本です。
2014年7月4日に承認されました。
アメリカで承認されたのは2014年12月25日です。

現在治療が可能なのはメラノーマのみ

現状では皮膚癌の一種であるメラノーマ(悪性黒色腫)に対してのみニボルマブの使用が承認されています。

デメリット

免疫のブレーキを阻害するだけであるため、T細胞が元々少なく、免疫が弱い人には効きません。
つまり戦う兵士自体が少なければいくら強くしても限界があるという事です。

そのため、従来の治療とニボルマブの組み合わせでアクセルとブレーキの両方を使う事で効果を出す治療が必要です。

他の癌治療への使用

現在、肺癌、肝細胞癌については治験中です。

公開日時: 2015年06月09日  07:58:49

癌に戻る

「癌」に関する他の解説

「癌」に関する他の解説はありません。

このページのトップに戻る